糖尿病改善とアンチエージングを目指す生活習慣とは!?TOP > 糖尿病の正体とは > 糖尿病の誤解1|予備軍ならまだ大丈夫?

糖尿病の誤解1|予備軍ならまだ大丈夫?について


こんにちわ ふうりんです。

健康診断で血糖値の高さを指摘されても
あなたは「血糖値が高いくらい大丈夫だろう」と思っていませんか?

私もそうでしたが、
高血糖の初期には、自覚症状がほとんどなく、自分で危機感を抱かないことから、
こういう思い込みと症状の放置が起こりがちです。

しかし、厚生労働省によると

「高血糖を放置しておくと、全身の血管や神経がおかされながら糖尿病に移行し、
やがて深刻な合併症にいたります。 多くの人が『もっと早くから気をつけていれば……』と後悔するのは、病気の最終段階に近くなってから」 だそうです。

従って、「糖尿病になってから治療する」という人もいますが、それでは遅過ぎます。

また、ふくだ内科クリニック医院長で糖尿病専門医 福田先生によると

「糖尿病予備軍は糖尿病の1歩手前の段階で、生活習慣を改めないと、将来必ずと言ってよいほど血糖値があがり、間違いなく自分の身に跳ね返ってくる。」

そして
「実際、動脈硬化症による狭心症、心筋梗塞や脳梗塞等の合併症は、糖尿予備軍でもどんどん増えてきている。」 そうです。

 
少し前までは、糖尿病の恐ろしさは合併症にあり、合併症にならないよう血糖コントロールを続ければリスクが防げると考えられていましたが、

最近の研究からは、糖尿病→合併症という流れに加え、
糖尿病予備軍→動脈硬化という危険があることが指摘されています。


つまり、糖尿病予備軍からも心筋梗塞は起き、最悪の場合は、死にいたる場合もあるのです。

ですから、「糖尿病予備軍ならまだ大丈夫」ではなく
糖尿病予備軍はもう正常ではない!
と考えるべきで、

糖尿病予備軍の方こそ、今の内に糖尿病を予防・改善することが重要なのです。
詳しくはこちらをクリックしてご覧下さい。
  ↓ ↓ ↓
つらい食事制限や運動不要の後藤式糖尿病改善法

糖尿病の正体とは記事一覧

厚生労働省による糖尿病の実態調査結果

こんにちわ ふうりんです。糖尿病の実態調査結果です。わが国には「糖尿病が強く疑われる人」が740万人、 「糖尿病の可能性が否定できない人」が880万人も...

糖尿病の種類とは

糖尿病にはいろいろな種類があります。代表的なものは以下のとおりです。1型糖尿病主に小児〜青年期に発症する糖尿病で、割合は日本の糖尿病患者全体のおよそ5%ほどです。 ...

糖尿病は恐ろしい病気の一つです。

こんにちわ ふうりんです。厚生労働省の「2011年国民健康・栄養調査報告」で成人の4人に1人以上が糖尿病かその予備群であることが、あきらかになりました。...

糖尿病の誤解1|予備軍ならまだ大丈夫?

こんにちわ ふうりんです。健康診断で血糖値の高さを指摘されてもあなたは「血糖値が高いくらい大丈夫だろう」と思っていませんか?私もそうでしたが、高血糖の初期に...

誤解2|血糖値を下げれば糖尿病は治る?

ふうりんです。血糖値さえ下げれば糖尿病は治る。? あなたはそう思っていませんか専門医のAGE牧田クリニック院長 牧田善二先生の著書「糖尿病 専門医にまか...

誤解3|血糖値を下げれば合併症の心配はない。?

糖尿病の誤解2:血糖値を下げれば合併症の心配はない?あなたはそう思もっていませんか?専門医のAGE牧田クリニック院長 牧田善二先生の著書「糖尿病 専門医にまかせなさ...

糖尿病は医者がつくる病気「医原病」とは!?

前回、糖質ゼロ食で有名な釜池先生の講演動画を紹介しました。その釜池先生がこの講演の冒頭でも言われています。『糖尿病は医者がつくる病気「医原病」。だから「血糖値が...