糖尿病改善とアンチエージングを目指す生活習慣とは!?TOP > 糖尿病の正体とは > 糖尿病の種類とは

糖尿病の種類とはについて


糖尿病にはいろいろな種類があります。
代表的なものは以下のとおりです。

1型糖尿病

主に小児〜青年期に発症する糖尿病で、割合は日本の糖尿病患者全体のおよそ5%ほどです。
小児糖尿病、インスリン依存型糖尿病と呼ばれることもあります。
自己免疫によって、すい臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こります。
はっきりとした原因はまだわかっていませんが、遺伝子と環境要因によって発症すると考えられています。


2型糖尿病

主に中高年に多くみられる糖尿病で、日本の糖尿病患者全体のおよそ95%を占めます。
インスリン※の出る量が少なくなったり、肝臓や筋肉などの細胞へインスリンが働きにくくなったりして、血液中のブドウ糖がたまりすぎておこります。
原因は遺伝要因もありますが、食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多いと言われています。
※インスリン:
すい臓から分泌されるホルモンで、血液中のブドウ糖を細胞に取り込む働きがあります


その他の特定の機序、疾患による糖尿病

遺伝子異常やすい臓や肝臓の病気、感染症、免疫の異常などの他の病気が原因となって、また、薬剤や化学物質によっても糖尿病となる場合があります。


妊娠糖尿病

妊娠中に発症あるいは初めて発見された糖尿病です。赤ちゃんに影響が出ることもあるため、厳重な血糖管理をおこなう必要があります。

詳しくはこちらをクリックしてご覧下さい。
  ↓ ↓ ↓
つらい食事制限や運動不要の後藤式糖尿病改善法

糖尿病の正体とは記事一覧

厚生労働省による糖尿病の実態調査結果

こんにちわ ふうりんです。糖尿病の実態調査結果です。わが国には「糖尿病が強く疑われる人」が740万人、 「糖尿病の可能性が否定できない人」が880万人も...

糖尿病の種類とは

糖尿病にはいろいろな種類があります。代表的なものは以下のとおりです。1型糖尿病主に小児〜青年期に発症する糖尿病で、割合は日本の糖尿病患者全体のおよそ5%ほどです。 ...

糖尿病は恐ろしい病気の一つです。

こんにちわ ふうりんです。厚生労働省の「2011年国民健康・栄養調査報告」で成人の4人に1人以上が糖尿病かその予備群であることが、あきらかになりました。...

糖尿病の誤解1|予備軍ならまだ大丈夫?

こんにちわ ふうりんです。健康診断で血糖値の高さを指摘されてもあなたは「血糖値が高いくらい大丈夫だろう」と思っていませんか?私もそうでしたが、高血糖の初期に...

誤解2|血糖値を下げれば糖尿病は治る?

ふうりんです。血糖値さえ下げれば糖尿病は治る。? あなたはそう思っていませんか専門医のAGE牧田クリニック院長 牧田善二先生の著書「糖尿病 専門医にまか...

誤解3|血糖値を下げれば合併症の心配はない。?

糖尿病の誤解2:血糖値を下げれば合併症の心配はない?あなたはそう思もっていませんか?専門医のAGE牧田クリニック院長 牧田善二先生の著書「糖尿病 専門医にまかせなさ...

糖尿病は医者がつくる病気「医原病」とは!?

前回、糖質ゼロ食で有名な釜池先生の講演動画を紹介しました。その釜池先生がこの講演の冒頭でも言われています。『糖尿病は医者がつくる病気「医原病」。だから「血糖値が...