糖尿病改善とアンチエージングを目指す生活習慣とは!?TOP > 糖尿病改善の為にアンチエージングが必要な理由 > 適量の酒はまさに百薬の長!その理由とは?

適量の酒はまさに百薬の長!その理由とは?について

こんにちは 
ふうりんです。

あなたは、適量の酒はアンチエージングに効果的、
まさに百薬の長であるってごぞんじですか。


「酒は天の美禄なり。少し飲めば陽気を助け、血気をやわらげ、食気をめぐらし、愁いを去り、興を発してはなはだ人に益あり。多く飲めば、またよく人を害すること、酒にすぎたるものなし」


これは『養生訓』作者・貝原益軒の言です。

益軒は「酒はたくさん飲めば害は多いが、少なく、適量を飲んでいる限りはこれほどいいものもない。」

要するに、「酒は少し飲み、少し酔うのがいい」と言っているのですね。


一方、アルコールと死亡率についての調査が、1981年イギリスで行われました。

それは、ロンドン近郊に住む成人男性1600人の飲酒量を調べ、
禁酒群、少量飲酒群、中量飲酒群、大量飲酒群の4群に分けて、
その後の10年間を追跡調査したものです。


すると、その間の死亡率は禁酒群と大量飲酒群に高く、
少量・中量飲酒群が低かったのです。

特徴的なのは心臓病の死亡率が禁酒群で高く、
ガンやその他の病気での死亡率が大量飲酒群で高かったことです。
 

この結果は、理論的にも説明がつけられています。

つまり、酒を適度に飲むと、動脈硬化を防ぐ、
いわゆる善玉コレステロール(HDl)が増えます。


また、適度のアルコールはストレスを解消するので、
動脈硬化や心臓病の予防になるのです。


しかし、毎日、大量に酒を飲み続ける人は、肝臓を傷め、
最終的には肝臓ガンやその他の病気のリスクが大きくなるのです。

 

では、酒の適量とはどのくらいでしょうか。

人により異なると思いますが、私の場合

日本酒なら二合、焼酎ならロック2杯、ビールなら大ビン二本、ウイスキーならダブル二杯といったところでしょうか。

これなら、毎日飲んでも、肝臓を傷めることもないでしょう。


でも、糖尿病の人は糖質含有量が少ない焼酎や、ウイスキーがおすすめですよ。

飲みすぎに注意して、適量なお酒を楽しみましょう。
詳しくはこちらをクリックしてご覧下さい。
  ↓ ↓ ↓
つらい食事制限や運動不要の後藤式糖尿病改善法

糖尿病改善の為にアンチエージングが必要な理由記事一覧

老化とともに増す生活習慣病のリスク

「元気で長生き」のために、生活習慣改善のために注意すべき点は何? いくつかポイントがありますが、まずは体内のインスリンを急激に上げない食事が大切です。インスリン...

適量の酒はまさに百薬の長!その理由とは?

こんにちは ふうりんです。あなたは、適量の酒はアンチエージングに効果的、まさに百薬の長であるってごぞんじですか。「酒は天の美禄なり。少し飲めば陽気を助け...