糖尿病改善とアンチエージングを目指す生活習慣とは!?TOP > 2型糖尿病改善のための運動療法とは!? > 脂肪燃焼効果を高め、短時間でOKの「糖尿病ウォーキング」とは?

脂肪燃焼効果を高め、短時間でOKの「糖尿病ウォーキング」とは?について

こんにちわ ふうりんです。

もうすぐ3月、春ですね。
幾分あたたかくなり、食後のウォーキングがしやすくなりました。

糖尿病の運動療法としては、1日1万歩程度歩くのが望ましいと言われています。
 
私の場合、そんなに歩いていません。
平均1日に4千歩程度です。

でも、その中で、5〜10分 いわゆる糖尿病ウォーキングという歩き方をとりいれ、脂肪燃焼効果を高める工夫をしています。

これは、私の主治医であるふくだ内科医院の福田正博先生が
その著書「専門医が教える糖尿病ウォーキング!」
扶桑社新書で紹介しているものです。

糖尿病ウォーキングの歩き方


糖尿病ウォーキングの6つの基本

1.立ち姿勢が大切です
姿勢は真っすぐに背中を伸ばす
頭のてっぺんがひもで上に引っ張られているような感じで

2.骨盤を前に出す
腰から下が脚だとイメージして骨盤を前に出すように1歩を踏み出す

3.かかとから着地する

4.体重移動のコツ
かかとで着地し、つま先で蹴る(足裏ローリング)が基本
足の裏で地面をつかむようなイメージで歩く

5.歩幅は広めに保つ
大股(歩幅の目安は{身長−100}cm)でリズミカルに歩く 

6.腕は後ろに引くことを意識する
肩甲骨から先が腕を意識する
腕を大きく振ると、弾みがついてスムーズに歩けます



なお、糖尿病ウォーキングは後藤式糖尿病改善法のマニュアルにも取り入れています。
詳しくはこちらをクリックしてご覧下さい。
  ↓ ↓ ↓
つらい食事制限や運動不要の後藤式糖尿病改善法

2型糖尿病改善のための運動療法とは!?記事一覧

体脂肪燃焼に効果的な運動とは!?

脂肪を燃焼するのに連動はもちろん大切です。しかし、運動の行い方によって脂肪燃焼への作用の仕方が異なってきます。だから、それぞれの特性を知り、日常へ上手に連動を取...

運動療法はウォーキングが最適な理由とは!?

糖尿病患者や予備群の人にとって、予防・治療に効果的といわれる運動の基本は「有酸素運動」です。有酸素運動とは、息切れするほど激しくなく、十分な呼吸をしながら軽く汗ばむ程度...

脂肪燃焼効果を高め、短時間でOKの「糖尿病ウォーキング」とは?

こんにちわ ふうりんです。もうすぐ3月、春ですね。幾分あたたかくなり、食後のウォーキングがしやすくなりました。糖尿病の運動療法としては、1日1万歩程度歩くのが望...

ウォーキングの短期的効果とは!?

ウオーキングの短期的効果として、ブドウ糖、脂肪酸の利用が促進され血糖値が改善さることがあげられます。 血液中のブドウ糖は、ものを考えカラダを動かす大切なエネルギー源です...

体脂肪を効率的に燃焼する有酸素運動とは!?

中性脂肪から分解された脂肪酸を燃焼するには、酸素が必要です。酸素を安定的に供給できる有酸素運動は体脂肪を効率的に燃焼させることができます。また、脂肪を燃焼するに...

筋トレも脂肪減少に効果的とは!?

前回は有酸素運動でしたが。今回は筋トレについて、実は、筋トレも脂肪減少に効果をもたらします。その理由は、筋トレで範肉量を増やすと、摂取した糖質の備蓄庫が増えるこ...